合コン幹事必見!この自己紹介ゲームで盛り上がりと名前が覚えられます

合コンって人数が8人以下だと全体で自己紹介をするケースってありますよね。そしてこういう場合、まず合コン幹事が仕切ったり自分から自己紹介を始めることが多いと思います。

でも、自己紹介って苦手なんだよなぁ・・。

僕はまさに自己紹介苦手なタイプですが、そんな時にこの自己紹介ゲームを知っておくと便利ですよ(* ̄ー ̄)v

盛り上がって名前も覚えられる!合コン自己紹介ゲーム

これは僕が以前飲み会(合コンではなく、忘年会的な飲み会)に参加した時に、合コンマスターが始めた自己紹介ゲームです。記憶ゲームみたいな感じですが、結構盛り上がったし、名前も覚えやすかったのでおすすめです♪

ルールは簡単で、今まで自己紹介した人の内容を反芻していく、という流れです。

最初に自己紹介のお題を決めて、1人目の人は普通にそれに答えていきます。2人目は1人目の回答を喋ってから自分の自己紹介をしていきます。

3人目の人は1人目と2人目の人が答えたことをそれぞれ反復してから自分の自己紹介をします。そして4人目は1人目と2人目と3人目の・・・という感じで、後半になるにつれてどんどん回答しないといけないことが増えていきます。

具体例はこんな感じ

お題:名前、ニックネーム、最近嬉しかったこと

◯1人目:
「赤木典子です。ノリちゃんって呼ばれています。最近嬉しかったことは、この前の誕生日に両親から花束を貰ったことです♪」

※「おお〜!」「いいね〜!」など周りが盛り上げる(笑)
場合によっては少し話題を拾ったりする

◯2人目:
「誕生日に両親から花束を貰ったノリちゃんの隣の加藤涼介です。りょーちんって呼んでください♪最近嬉しかったのは、う〜ん。会社で月間目標を達成したことかな^^」

周り:「おお〜!」「すごいですね!」など。

◯3人目:
「えーと、誕生日に両親からお花をもらって嬉しかったノリちゃんの隣の、会社で目標達成したりょーちんの隣の、渡辺沙織です。さおりんって呼ばれています。最近嬉しかったことは、ポケモンGOでプリンをゲットしたことです♪笑」

周り:「マジで!?」「ポケモンGOやってんだ!笑」「プリン可愛いよね〜!」

以下最後まで続く

メリットは盛り上がりとニックネーム暗記!

今回紹介した合コンの自己紹介ゲーム、なんとなくイメージが湧いたでしょうか?

ちょこちょこチャチャを入れたりすると盛り上がりやすいし、後半になってくるとみんなうろ覚えになってくるので変な省略してくる人もいて面白いです(笑)

あとは、何回も反芻するので参加者全員のニックネームが覚えやすいのもメリットです。僕は人の名前を覚えるのが苦手なので、何回も登場すると覚えやすかったです。

また、あらかじめ「回答できなかった人が罰ゲーム」というルールにしておくと更に盛り上がりやすいと思います。

ただ、人数次第ではこの自己紹介ゲームだけで結構時間が取られてしまうので、ダラダラやりすぎないように注意した方が良いかもしれません。

合コンの自己紹介は基本的にはゲームではなく、トークで盛り上げられた方が良いとは思いますが、こういったゲームもいくつか引き出しとして持っておくと合コン幹事の方は便利だと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です