ホーム » 恋活体験記 » ネット恋活系 » Omiai » Facebook Omiaiの無料会員でできる事とできない事|有料でないと厳しい

Facebook Omiaiの無料会員でできる事とできない事|有料でないと厳しい

omiai20162.png

⇒無料のいいね!が運命的な出会いに発展するかも!?


早速ですが、facebook恋活アプリOmiaiの有料会員に入会しちゃいました~(* ̄ー ̄)v

実際、いくら無料から「いいね!」を押して恋活を始められるとは言っても、有料会員にならないとほぼデートしたり交際するのは不可能だと思います。

「ああ、やっぱりうまくできてるな~」という感想です^^;

でも、できることなら無料で行けるとこまで行きたいですよね^^
僕だって最初はそう思いましたもん♪笑

そこで今回は、僕の体験談を元に無料会員でできる事と無料ではできない事をシェアしてみたいと思います^^

比較表とかまとめ一覧を見たい人は公式HPに記載されているので、お手数ですがそちらでご確認お願いします<m(__)m>

無料会員でできる事

  • 相手の女性に60いいね!を押せる(初月は最大130いいね!)
  • プロフィール検索&実際に見れる
  • 最初の1回だけマッチングした相手にメールを送れる
  • 女性からのいいね!を承諾できる(マッチング成立)
  • ブロック機能(友達の友達、知り合いにバレない)


Omiaiは無料会員の状態でも大体のサービスは体験できます。

プロフィール作成もできますし、実際に女の子も検索できます。他社さんみたいに「有料会員にならないと顔出しできません」、みたいにはなってません。

ですので、極論どんな子が参加しているのかのチェックをして、好みの子が見つからなかったら無料会員のままでいる、ということもできます。

⇒無料でも十分雰囲気を味わうことができます(・∀・)b


ただ、月額3,980円程度なので、1日たったの130円くらい。女の子との出会いの場所代と考えたら激安な気はします^^

で、当然ながら僕も最初は無料会員で頑張ってました(苦笑)

プロフィールを練りに練り、60いいね!を有効活用すべく、条件もほとんど絞らずに女の子を検索し、一人ひとり見ていく...。

facebook omiaiのサービスをわくわくしながら利用していたら、嬉しいことに女性側から'いいね!'を押してくれました!!

「女性のいいね!を承諾してもこちらの'いいね!'が減らないのはかなりアツいぜ(* ̄ー ̄)ニヤリ 」と思わず器の小さいことを考えてしまいましたが...苦笑

でも、実際女性は'いいね!'の回数を制限されてはいるものの、ほぼすべてのサービスを無料で利用できるのでメールもし放題なんですよね。

※追記:2014年から女性も有料になりました!
ただし、10代20代女性は無料キャンペーン中で、無料で使えます^^

せめてメールをたくさん送ってくれるくらいはしてほしいぜ~(><)
なんて思っている男性も結構いるんじゃないでしょうか?笑


Omiai

無料会員の制限-正直な感想は「うわ~出た出た<(; ̄ ・ ̄)=3」


最初はめでたく女性とマッチングしただけでも嬉しいわけですが、マッチングはスタートでしかない、と大抵は気付きます(苦笑)

で、僕の場合は一番最初、女性から'いいね!'を頂き、相手の方のプロフィールや写真に特に気になるところがなかったので承諾して初のマッチングが成立しました^^


早速相手の女性からメールが送られてきたと通知が来て、「おっ!早速着た♪」とメールを開こうと思ったら......。

「メールを開くには有料会員登録が必要です(的な内容)」みたいな表示が現れ、メールの内容を確認することができず。。

「うわ~出たよ出たよ<(; ̄ ・ ̄)=3」と思った瞬間でした(笑)

まあ、僕はもともと有料会員になるつもりだったので、「まあ、これも経験か」みたいな変な納得をして、クレジットカードを切りました。たぶんほとんどの無料会員の方はここで有料会員になるんだと思います。


だって、せっかくマッチングしたんだからメールの中読みたいじゃないですか!(爆)

【体験談】メールをくれた女の子とのその後...


ところで、僕が有料会員登録をするきっかけとなった女の子とその後の進捗はどうなったのかというと......。


まずメールの内容が使い回し感がめっちゃあった!(コピペ!?)
次に、こちらがしっかり返信したら、音信不通!!w(°o°;)w
まったく連絡が返ってきませーんε- ( ̄、 ̄A) フゥー


最初は正直「サクラかよ!?」と勘繰ってしまいましたが、別段めちゃくちゃ可愛いくて大人気、という感じでもなかった子だったのでサクラという線はないだろうなぁと解釈しました^^;

まあ、単純に僕の返信の仕方に問題があったのかもしれませんし、相手が合わないなぁと感じたり忙しくて返信してないだけかもしれません。正直原因なんて全くわかりません!ドーン

ただ、婚活や恋活ってこういうことが多いんでしょうから、いちいちネガティブに悩んでても意味がありませんよね^^


来る者拒まず、去るもの追わず。
マッチングした女の子とは、実際に会って話してみるまではなるべく外見などでは切らないようにしたいと思います( ̄∀ ̄)v

次回は有料会員の特徴やメリットもシェアできたらな~と思ってます♪


長文読んでいただき、ありがとうございました^^


⇒有料会員の内容まとめました(* ̄ー ̄)v

【決定版】恋活アプリおすすめランキングTOP5

1位 真面目な出会いならOmiai!

⇒無料で会員検索してみる

真面目に将来を考えた恋人を見つけたいのなら、数あるフェイスブック恋活アプリの中でもOmiaiがダントツでオススメです♪

いいね!がポイント制になった為、人気会員には一人につき5pt(5いいね)が消費されるのが難点ですが、その分高望みの無駄ないいね!をしなくなった人が増えたのか、人気会員も分散されて逆に好みの人ともマッチングしやすくなっている印象です。

また、Omiaiは昔から現在に至るまで、プロフィールをしっかり埋めている人が多く、会員の真剣度が現れています。

交際・成婚報告が一番多いことが高評価を物語っていますね^^

⇒無料で会員検索してみる

2位 美男美女の多さならpairs-ペアーズ!

⇒好みの人がいるか無料でチェックする

Pairs-ペアーズは知名度が一番高いフェイスブック恋活アプリで、会員数が一番多いのが特長です。

田舎でない限り、主要な都市ではたくさんの会員が検索にヒットするので、出会いの数も多いのは魅力的ですよね。

そして何と言っても美男美女が多い!

個人的には美男はみんな退会して欲しいところですが(笑)、可愛い子が多いので女の子を見てるだけでも楽しいです♪

Omiaiと比べると会員の真剣度は低い傾向にありますが、中には真剣に相手を探している人もいるのでしっかり選べば問題なく素敵な出会いが増やせます。

⇒好みの人がいるか無料でチェックする

3位 マッチアラームでワクワクな毎朝に!

⇒偶然の出会いを試してみる

毎朝8時に必ず1人とマッチングするマッチアラーム。
仕事が忙しくて普段全然出会いがない人や、恋活アプリの活動すら面倒臭いという人には向いています。

また、個人的には毎朝8時っていうのが大きなポイントで、通勤中の暇な時間や「あ〜これから仕事か・・」という気分の時に、マッチアラームでちょっとしたワクワク感がもらえるのはアツいです(* ̄ー ̄)v笑

ただ、基本的に毎日1人としか出会えないので、メインの恋活アプリにはしづらいです。

メインはあくまでもOmiaiやpairsにして、マッチアラームはサブ的に活用するのがおすすめです。本当にいいな、と思う人が現れるまでは無料で粘りましょう♪

⇒偶然の出会いを試してみる

4位 ライバル減でチャンスのゼクシィ恋結び

⇒短期集中で勝負してみる

ゼクシィ恋結びは有名な結婚情報サービスの『ゼクシィ』が手がけるフェイスブック恋活アプリで、結婚を意識した人が比較的多い印象です。

2016年4月現在、正直過疎ってきています^^;

ただ、逆にライバルが減ってきている分マッチングもしやすくなっている印象で、管理人ヒロも1ヶ月間で4人の子と出会えています。ゼクシィ恋結びを使うなら短期勝負がおすすめですね。

マイナスポイントは短期勝負で毎日ログインするたびに5いいね増えたり、いいねを押した子が画面から消えないこと。

地方の人は会員が全然いない可能性があるので、Omiai、pairsを先に使ってからでも良いと思います。

⇒短期集中で勝負してみる

5位 メンタリストDaigo監修のWith(ウィズ)!

⇒Daigoの心理テストで出会いを増やす

メンタリストのDaigoが監修する恋活アプリ『with(ウィズ)』はDaigoの心理テストがふんだんに盛り込まれていて、他の恋活アプリにはない斬新なサービスになっています。

個人的に面白いな、と思ったのは、Daigoの心理テストに答えた後に、自分と同じ回答をした異性が一覧で表示されること!

価値観や深層心理が共通している方がカップルになりやすい

というDaigoの意向がこういったところにも反映されているようですね^^

まだまだ他の恋活アプリと比較して知名度が高くないので5位にしていますが、知名度や会員数が増えたらTOP3に入ります。純粋にDaigoの心理テストをするだけでも気分転換になりますよ(* ̄ー ̄)v

⇒Daigoの心理テストで出会いを増やす

関連記事

Return to page top