ホーム » 恋活体験記 » ネット恋活系 » マッチアラーム(matchalarm)

マッチアラーム(matchalarm)カテゴリの記事一覧

マッチアラームの新サービス"すれちがいマッチ"がイイと感じた理由

matchalarmtop.png


もはや惰性のみで登録だけしているマッチアラーム。
毎朝マッチングの通知がくるものの、ちらっとログインして確認して終わり(笑)

可愛い子だったら「お!可愛いじゃん」と思って一瞬だけテンションが上がってそれで終わり(爆)

そんな非アクティブユーザー一直線なヒロでした。

しかし!!

この状況を覆すサービスがスタートしました♩

"すれ違いマッチ"が秀逸!イイと思った理由とは


マッチアラームでは2月下旬頃(2014年のね)から新サービス"すれ違いマッチ"がβ版としてスタートしてます。

僕も一応、毎日ログインだけはしていたのでヘッダーのメニューが増えていることに気づき、始めたわけです。

すれ違いマッチというのは、その名の通り位置情報を元に自分の周辺にいる異性を探し出し、物理的に今の場所に近い人とマッチングしてくれるサービスです。

半径何メートルかとかはよくわかりませんが、僕がすれちがいマッチを利用するときは大体5人くらいが毎回マッチングされてますね。

当然、自宅ですれちがいマッチを利用したら自宅に近い女性が検索されてマッチングされるので、両思いになった後が楽になりそうな予感がします^^

通常のマッチアラームの仕様が1日たった1人なのに対して、すれ違いマッチは無料で、1日何度でも利用できるみたいですし、近くに登録者がいれば4〜5人は表示されるのも魅力的です。

個人的には1日にたった一人、というのがかなりマッチアラームの使いづらい特徴だったので、それが解消されたという事は一気に満足度が上がります♩

しかし、またしても両思いになれない・・


すれ違いマッチは表示された女性をポチポチと○×ボタンを押して取捨選択するのですが、お互いに○ボタンだったらメッセのやり取りができるわけです。

そこで、僕も気になる女性が表示された時に○ボタンをポチポチと押しているのですが・・・

やっぱり全然両思いになれねぇ〜〜〜!!泣

facebookアプリのOmiaiではマッチングだって結講できたのに、マッチアラームではこれでもかというくらい何も進まないという^^;

一応、考えられる原因としては

①すれ違いマッチの認知度が低すぎて、女性側が気づいていない
②根本的にプロフィールがイケてない

この2つだろうことが予測されますが、まあ後者なんでしょうね。認めたくないけど・・苦笑

なんというか、恋活アプリにも相性があるんでしょうね〜。

僕は引き続きOmiaiをメインにネット恋活してみようと思います◎

皆さんはマッチアラームで頑張ればー??←すねてるw

長文読んで頂き、ありがとうございました^^

マッチアラームで初'好きかも!'をゲット!|思わぬ罠に躊躇する(汗)

マッチアラームで好きかもをゲットしましたー( ̄∀ ̄)v遂に、遂にヒロもマッチアラームで初"好きかも"をもらい涙目・・。しかし、そんな歓喜もつかの間、いざこちらからも"好きかも"を押して両想いになろうとした矢先、思わぬ罠に躊躇することになってしまい・・。

続きを読む

マッチアラームの月額課金を解約する方法|好きかも定期券は不要!?

マッチアラームの月額課金の解約方法を知りたい方の為に、好きかも定期券を止める方法を紹介しました。30日間何度でも"好きかも"を押せる定期券ですが、ヒロは結局ほとんど使う機会もなく終了しました。「マッチアラームはもう無理だ、解約しよう」そんな管理人に共感できる人はご覧下さい^^

続きを読む

マッチアラーム全然出会えない|カップル成立率45%ってかなり怪しい

マッチアラームで出会えないのはなぜなのか、管理人のヒロが自分のマッチングできない経験を分析してみました(笑)ここまで両想いになれないと、もはやカップル成立率45%というのも疑ってしまいます。マッチアラームで出会えない全ての方の共感を得るためにヒロは立ち上がりましたよ◎w

続きを読む

マッチアラームの好きかも定期券購入しちゃった!|その後の変化と価値

マッチアラームの好きかも定期券を1か月分購入しちゃいました~( ̄∀ ̄)vというわけで、管理人ヒロが実際に月額有料会員になった体験を元に、マッチアラームの好きかも定期券について感じたことをレビューしました♪無料の時と比べて何か変化があったのか?コインの課金と比較して定期券のコストパフォーマンスはどうなのか?などなど、これからfacebook恋活・婚活アプリ「マッチアラーム(matchalarm)」の定期券購入を検討している人向けにまとめました(* ̄ー ̄)v

続きを読む

Return to page top