ホーム » 恋愛テクニック » マインド » 婚活で同時進行する子の人数は◯人!LOVE理論の執着分散理論は効果的です

婚活で同時進行する子の人数は◯人!LOVE理論の執着分散理論は効果的です

「婚活中は大いに同時進行してください!」

結婚相談所のアドバイザーや婚活コンサルタントでもこういう話をする人は多いですよね。
真面目な人ほど「え?それって浮気じゃないの?」とか思ってしまうかもしれませんが、僕も数々の恋活失敗経験を踏まえ、同時進行はした方が良いな、と感じています。

特に僕のような男性の場合、1人に執着するよりも複数の子と同時進行することを心からお薦めします。

あ、もちろん付き合ったら同時進行はダメですよ?セフレたくさん作れって言ってるわけではないので、そこは誤解しないようお願いします(笑)

婚活・恋活で同時進行するのは最低5人!


有名な恋愛本に『LOVE理論』という本があります。「夢をかなえるゾウ」の著者として有名な水野敬也さんがモテない男向けに書かれた本で、爆笑しながらも自分がモテない理由が学べる、非常におすすめできる恋愛本です(* ̄ー ̄)v

LOVE理論では数々の独自の恋愛理論が紹介されているのですが、一番最初に紹介されているのが『執着分散理論』です。

「モテない男の共通点は"余裕のなさ"である」
「たった1人の女の子だけを口説こうとするから余裕がなくなり、女の子にとってキモい行動や言動をしてしまい、結果振られるのだ」

一方で、複数の子と同時進行でやり取りをしていると1人くらい連絡が取れなくなっても劇的に凹むことも減り、「まあ、別の子にいけば良いしな」という心の余裕ができるわけですね。

そして、この心理状態が逆に余裕のある男という印象を与え、モテるんだとか。

ちなみに、水野さんはLOVE理論の執着分散理論の章で、「最低でも5人以上の女の子を口説きに行け!」と言った教えをしてくれています。

なので、僕も常に5人の子と連絡を取っている状態を作ろうと頑張っています。以前ペアーズで知り合った子にどっぷりハマってしまい、まさに執着して振られるという経験をしているので^^;苦笑

是非あなたも婚活・恋活中は5人以上の人と同時進行してみてください(* ̄ー ̄)v

分散効果絶大!ドタキャンされても・・


恋活アプリやネット婚活サイト、婚活イベント等で出会うと、どうしても1回会うまでは優先順位が低いので(リアルでの知り合い以下だしw)ドタキャンされることもありますよね。

僕もゼクシィ恋結びでライン交換したNちゃんは初デート前日に音信不通、同じくゼクシィのRちゃんも前日に仕事が入って初デート延期、他にも当日朝に「熱が出た」とドタキャンされるなど、最近結構立て続けに予定が流れてしまっています。。

でも、執着分散理論に従ってこまめに女の子との出会いを増やしているおかげで、「まあこれで会えなかったら縁がなかったってことだな〜」なんて思える自分がいます。

余裕がない、切羽詰まった状態だったら

「仮病じゃねーの?」
「脈なし or 他に気になる男ができたのかな?」

などと、ネガティブに解釈したり、心配してしまっていたかもしれません。たった1人の子に執着していた時はラインの返信が来ないだけでそわそわしたり凹んだりしてましたからね^^;汗

僕も根は真面目なので、婚活だからって同時進行するのはあまり気が進まなかったんですけど、素直になって実行してみると5人位の人数と絶えずやり取りする効果が痛感できました。

変に好かれようという気も薄れていくので、飾らず、自分らしく女の子と接することができるし、自分の意見もしっかり言えるようになりました。そして、女の子の反応を見る限り、やっぱりしっかり意見を言うことは大事なんだなって思います。

相乗効果ってやつですね(* ̄ー ̄)ニヤリ

LOVE理論は男の恋愛本として非常に勉強になる(しかもめっちゃ面白いw)ので、是非読んでみてください♪

長文読んで頂き、ありがとうございました!

関連記事

Return to page top