初デートはやっぱり男がおごるべき!感謝を表現する絶好のタイミング

初デートで男がおごるべきか、割り勘にするのか、というのは男性なら1度くらいは迷った経験があるのでは?

かくいう僕も高校生くらいの時までは「はー?男が奢るべきとか思ってる女とは付き合わねーし!」とか思ってました(てか言ってました…苦笑)

でも、今はもう真逆も真逆。
「奢ってる俺、カッコええ」とか思ってます(爆)

元々僕は見栄っ張りな性格なので、女性の前ではかっこつけたくなります。

別にイケメンでもないし、高収入どころか今は低所得者ですが、やっぱりお金ってこういう時に使うべきものだと思うんですよね。

何より、おごることに対して、以下のような考え方だからです。

おごる=感謝や好意の表現方法

おごるというのを単純に損得勘定で考えてしまうと、興味のない女性や自分の懐具合によっては「おごりたくない」と割り勘にしようとしたり、奢った後に不満を言ったりすることになります。

でも、自分と初デートしてくれてありがたいなぁ、とか、わざわざ自分の為に時間を作ってもらってるのは当たり前じゃないよなぁ、とか、そういう風に捉えるようになったら自然と奢るのが普通になりました。

少しでも喜んでもらいたい、とか
少しでも感謝を示したいなぁ、とか

もちろん男としての見栄もあります。ケチだと思われたくないですし。

ただ、こういうところで当たり前のようにお金を出して、ありがとうって感謝を示してあげらえる男ってカッコいいって思うわけです^^

女性は男の’お金の価値観’をチェックしている!?

よく女性へのアンケート調査などでも、「デート代は男がおごるべきか否か」というものがありますよね。大抵の女性が心の中ではこう考えているわけです。

「毎回、しかも全額を奢れとは思ってないけど、奢ってもらったらやっぱり嬉しい」

また、ここで大体の女性がお金の使い方をチェックしてます。お金持ちかどうか、ということを問題にしているわけではなく、お金をどう使う人なのか?ということです。

実際付き合うだけならいいですが、20代中盤以降の女性はほとんどの方が結婚を意識しながら男性を見ているそうです。つまり、お金の使い方ってめちゃくちゃ重視されてるってことですよね。

まあ、奢られるのが当たり前のように考えている女性っていますが(しかもなんでこういう人って美人さんに多いんですかね・・苦笑)、でも、それはそれでいいじゃないですか。

自分が奢ってあげる、というところまでしかコントロールできないので、相手の女性がどう感じるかは僕ら男はコントロールできません。

大事なのは、あくまで奢ることで感謝を示した自分を褒め殺し(笑)、相手が高飛車だったら「あ~こういう人ね」と特に批判はせず、笑顔で心から喜んでくれる素敵な女性を探せばいいだけです(* ̄ー ̄)v

高額なものを毎回奢るのは確かに苦しいと思いますが、食事代とか数千円程度の金額なら思い切って奢っちゃいましょう♪

長文読んでいただき、ありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です