男脳と女脳の違いを知ることが恋愛成就の秘訣?女脳の男、男脳の女

Fotolia_43432322_XS.jpg

男性と女性では恋愛観が全く違う、なんていう話は頻繁に聞きますよね。

男は「名前をつけて保存」、女は「上書き保存」
いつからこんな話が出たのか、今では結構常識になってきてます。

要は男性は引きずりやすく、女性は切り替えが早いということですが、これは僕も「確かに…」と思うことがあります。

以前2年ほど付き合っていた彼女がいたのですが、その子のことは本気で好きでした。2年経っても全然好きな気持ちが冷めなかったですからね^^;

で、別れた後は正直かなり引きずりました・・。

あの胸にぽっかり穴が開いた感覚、そしてそれを埋めるために他の女の子とデートに誘ったりもしましたが、自己嫌悪もしたりして…。

一方で元カノは、それまではめちゃくちゃラブラブだったのに、別れた瞬間に「関係をなくしたい」とスパッ!w(°o°;)w汗

なんというか、これまでの仲はなんだったんだろうと感じる経験でした。。

話は戻して、まあ恋愛では一般的には男脳と女脳の違いについて結構面白おかしく議論されていますよね。

ですが、実はまた違った男脳と女脳の話もあるんです。個人的にはこちらの違いの方が、恋愛では大事だと思うので紹介します^^

女性とうまくやっていきたいなら参考になるかもしれません◎

男性の3割は女脳、女性の3割は男脳!?

「名前をつけて保存」「上書き保存」は男、女、でひとくくりにしていますが、実は男性の3割は女脳であり、女性の3割は男脳らしいんです。

これは大学の倫理学の授業の時にたまたまでてきたのですが、普段全く講義を聞いていなかった僕が唯一興味深く聞けた講義です(笑)

男脳と女脳の違いは、例えば以下があります。

  • 男脳は物事を客観的、理論的に捉える傾向がある
  • 女脳は物事を主観的、感情的に捉える傾向がある

男はよくロジカルで理屈っぽいなんて言われますが、これは男脳の特徴。

女性でもやたらロジカルで論破してくる人っているじゃないですか?この女性は男脳なのでロジカルで対抗していく必要があります。

一方で、特に根拠もなく「なんとなく」という感じで意思決定をしたり、感情表現が豊かな人は女脳ということになります。

こちらはロジックがいくらしっかりしていようと、「嫌なものは嫌だ!」と感情論で話を展開してきます。男性の方はこれまで付き合ってきた女性にこんなタイプいませんでした?苦笑

  • 男脳は夜の営みをスポーツ感覚で行う
  • 女脳は夜の営みを気持ちで行う

これは夜の営みに快感を求め、終わった後にサバサバしているか、終わった後の余韻が好きかでも判断できます。

ちなみに、この点では僕は女脳ということになります。終わった後のイチャイチャが最高に幸せを感じる瞬間だったりしますから。あ、僕のH観なんてどうでもいいですかね(笑)

ちなみに、Hフレンドや恋人以外で肉体関係があるか、というアンケートで証拠づけられていましたが、女性の3割は普通にいたり、恋人以外の男性ともしているそうです。

つまり、「男は浮気する生き物だ」なんていうのは女性の思い込みです。女性だって3割は浮気する生き物だと認識しなきゃいけないのでは?笑

逆に男からしたら、好きになった相手が男脳かどうかしっておく必要があります。

自分の脳はどちらかを知っておくと楽になるかも?

相手も大事ですが、まずは自分の脳が男脳なのか女脳なのか、あらかじめ知っておくことは大事なんじゃないかなと思います。

その上で、相手の脳タイプをじっくりリサーチしてみると、相手の言動や態度にイラっとすることがあっても「まああいつは男脳(女脳)だから、そういうこともあるよな」と寛容な気持ちで対処することができます(* ̄ー ̄)v

心理学や脳機能科学の分野からも、恋愛に役立てることってたくさんありますね◎

⇒知識を得たら行動!安全な出会いを求めるなら・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です